高収入が得られる風俗で働きたい!そのためにはルックスが必要?

高収入をゲットしたいなら風俗で働こう!やっぱり風俗で働くには容姿が大事なの? - ヘルス業態の違いとは

ヘルス業態の違いとは

バイトをしたいと思って風俗求人を見ていると、デリヘルを筆頭に、様々な○○ヘルスという風俗求人が多いことに気が付きませんか。
ヘルスサービスは、現在の日本の風俗業界での主流のサービスですから、当然に多いわけです。
しかしながら、一体何がどう違っているのという疑問をお持ちの方も多いのではないでしょうか。
ここではヘルス業種の違いについて紹介していきましょう。
■ヘルスの種類
上記にあるように現在のスタンダード風俗と言ってもいいのが、ヘルスサービスです。
ヘルスというジャンルは大きく分けて、ホテルヘルスとデリバリーヘルス、ファッションヘルスに大別することが出来ます。
またこれらがごちゃまぜになっているお店もあるので、細かく分類していくとキリがありません。
何が違っているのかといえば、プレイする場所の違い。
しすて営業時間の違い。
最後に接客時間の違いがありますから、ヘルスとついているからといって、簡単に決めてしまわないように気をつけましょう。
■自分に合ったスタイルを
プレイ場所ですが、ファッションヘルスは、別名箱ヘルと呼ばれ、実店舗が存在していますから、そこでのプレイになります。
デリヘルの場合には、お客さんの自宅やラブホテル、シティホテルなど、お客さんが指定した場所でのプレイです。
ホテヘルですが、受付のみの店舗があり、そこでお客さんの受付をし、提携しているお店近くのラブホテルやシティホテル、レンタルルームでプレイすることになります。
営業時間では、箱ヘルが夜の0時まで、ホテヘルとデリヘルは24時間営業になります。
ただし、営業時間を独自に設定している所も多いので、事前にチェックしましょう。
最後にプレイ時間の違いですが、箱ヘル<ホテヘル<デリヘルという順番に最低プレイ時間が長く設定されているのが一般的です。
これは「移動に掛かる時間」を考慮されているためです。

関連する記事